Djangoを使ってみた

Djangoの各モジュールでWEB処理したところ

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>templates test</title>
</head>
<body>
{% block body %}
{% endblock %}
</body>
</html>
親のテンプレート
親のテンプレート
{% extends "base.html" %}

{% block body %}

<p>This is {{app}} test.</p>
<h2>I am {{ccc}} for test.</h2>
<h3>His name is {{ddd}} from DataBase.</h3>
<p>
{% for i in num %}
{{ i }}<br>
{% endfor %}
</p>

{% if is_weekday %}
<p>Today is weekday.</p>
{% else %}
<p>Today is holiday.</p>
{% endif %}
{% endblock %}
子のテンプレート
子のテンプレート
# from django.shortcuts import render

# Create your views here.
from django.shortcuts import render
# from django.http.response import HttpResponse
from myapp.models import Person


def index_template(request):
    p = Person(last_name="Python", first_name="Taro")
    myapp_data = {
        'ddd': p.last_name,
        'app': 'Django',
        'ccc': 'studied',
        'num': range(10),
        'is_weekday': False,
    }
    return render(request, 'index.html', myapp_data)
myapp/views.py
myapp/views.py
from django.urls import path
from . import views

urlpatterns = [
    path('templates/', views.index_template, name='index_template'),
]
myapp/urls.py
myapp/urls.py
# from django.db import models

# Create your models here.
from django.db import models


class Person(models.Model):
    last_name = models.CharField(max_length=20)
    first_name = models.CharField(max_length=20)
    created = models.DateTimeField(auto_now_add=True)
    saved = models.DateTimeField(auto_now=True)
myapp/models.py
myapp/models.py

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

base.htmlは親のtemplate fileであり、index.htmlは継承を行う子のtemplateである。views.pyはパラメータを渡したり、配列を渡したり、状況に応じて表示内容を変えるブーリアン定数を渡したりしている。
Database関連の受け渡しは嘘っぽい。勉強をして出直してきます。
(Samurai Blogを参照させていただきました。)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Djangoのインストール

PythonプログラムでWEBを開発するフレームワークであるDjangoを今日インストールした。これからはDjangoプロジェクトをPyCharmで開発していく。

テストプログラムによる結果表示
テストプログラムによる結果表示
ターミナルの実行結果(ログ)
ターミナルの実行結果(ログ)
Django等インストール後のパッケージ一覧
Django等インストール後のパッケージ一覧
FlaskとDjangoのモジュール一覧
FlaskとDjangoのモジュール一覧
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

ディクショナリのキーをスマートに扱う

190722

ディクショナリのキーをスマートに扱う

ディクショナリを使った処理では、キーが存在するかどうかに気を付けて処理を行わなければなりません。キーを指定した代入を実行する際には、キーが存在しない場合は新たに追加されるので、問題はあまり起きません。気を付けなければならないのは、キーを指定してディクショナリの要素を参照する場合です。存在しないキーを使ってディクショナリの要素を参照しようとすると、例外(KeyError)が発生します。
例えば、ファイルに含まれる英単語の出現回数を数える処理を記述する場合、ディクショナリでは、キーとして同じ要素を登録できません。この性質を利用して、英単語をキーとして、出現回数(数値)を登録したディクショナリを作ることにします。
この例がアイキャッチに掲載したプログラムです。
① lineに英文を代入します
② wordcountの辞書を作ります
③ ループでは読み込んだ行にsplit()メソッドを使ってシーケンスを作っています。英文を空白文字で区切った結果が、1つずつ繰り返し変数に代入されていきます。英文の行が分割されて、繰り返し変数に英単語が代入され、ループが実行されます。
④ 繰り返し変数がディクショナリのキーとして登録されているかを調べています。もしキーとして登録されていたら、単語のカウントを1つ増加します。代入の右側では、キーを使ったディクショナリの参照が行われています。登録されていない単語が現れると、存在しないキーを参照することになります。そのため、in演算子を使ってキーが存在するかどうかを確認する必要があります。この処理がif文で行っていることです。
⑤ カウントに1を入れます。
⑥ ディクショナリのキーを打ち出しています。
⑦ ディクショナリを打ち出しています。

Dictionary-atomの場合

dictionary-PyCharmその2


↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Atomの実行・ショートカット・キー

Atomの実行・ショートカット・キーなど

2018/05/11
① 開発環境の開始方法
1) GitHub Desktop Iconをダブルクリック
2) 表示された画面のRepository IconメニューのOpen in Atomをクリックする
3) IDLEは使わない
・実行Windowを中心に持ってくるとエラーが出ない(現象は出なくなった)
・IDLEではなしにインタラクティブシェルを使う
・テストの時もAtomを最初から使う
②  Atomの実施
1) .pyモジュールを実行結果のWindowを中心下で行うとエラーが出ない(現象は出なくなった)
2) ショートカットキー
・Atomのコードを実行
a) Alt + R ・・・・・・・実行開始
b) Ctrl + Shift + C ・・・実行停止
c) Ctrl + S ・・・・・・上書き保存 
d) Ctrl + Shift + P ・・・Atomでのマスターキー
e) Ctrl + \ ・・・・・・エクスプローラを閉じる・開く
f) Ctrl + 0 ・・・・・・エディタ側とエクスプローラ側の切り替え
g) Ctrl + T ・・・・・・ファイルを候補に出して開くことができる
h) Ctrl + B ・・・・・・タブがいっぱいになった時・検索
i) Ctrl + F ・・・・・・ファイル内検索、置換
j) Ctrl + L ・・・・・・行選択
k) Ctrl + K ・・・・・・→:横に分割、↓:縦に分割
l) Ctrl + Shift + K ・・・→、↓でカーソル移動
m) Ctrl + W ・・・・・・現在いるパネルを閉じる
・トグルで閉じる(反対の動作)
・ESC・キーで抜ける
・Version名は#(コメント文に)
・Path名も#(コメント文に)
③  TerminalのOperationを覚える
④ Atomのモジュールも適宜インストール
⑤ Demo Programの印刷:秀丸エディタに読み込み、用紙をたてにして印刷

上記操作は自己責任でお願いします。生じたいかなる結果も当サイトは責任を負いかねます。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python開発環境構築

Python開発環境構築

Python開発環境構築を行った
途中トラブルも見舞われ構築に3日もかかってしまった
まだAtomの操作に慣れていないのでこれからというところ
構築に関してメモを取ったのでここに表示する
最初32bitでPython開発環境を構築しようとしたが
途中64bitに変更したので読者は迷われると思う
でも実行時に両者を選択できるので両システムをインストールしても問題ない

Python開発環境設定
2018/05/09
① Python開発環境設定手順(当文書)作成
② 64bitに合わせる(両方混在)
1) 今ある64bitをアンインストール
2) 32bitと64bitの残骸を削除
3) 32bitと64bitの環境変数を削除
4) 64bit on win32で行く
5) エラーメッセージの検討
・どのモジュールが64bit?
・python -m pip install ipykernel(コマンドプロンプトで実施)
・python -m ipykernel install – -user(コマンドプロンプトで実施)
③  Sign in to GitHub・GitHubでRepository Nameを設定
1) x86-64 executable installer(32bitも混在できる、実行時選択)
・Customize installation
・☑install launcher for all user(Recommended)
・☑Add Python 3.7 to Path
・Optional Fitures
全部に☑
・Advance Option
下の2つにはチェック無(その他は☑)
④ Gitの再インストールは必要?→不要
⑤ Atomの再インストールは必要?→不要
⑥ Atom のインストール
1) Hydrogen(日本語化は済)
・Setupインストール(各種パッケージのインストール)
2) Atomのhydrogenの設定で右端のCopyを押す
・utf-8で秀丸エディタを使って作成
・Atomの環境設定でペースト(どこで?)→Atomでやる→IDLEは使わない
⑦  Repository Nameに新規に「X/MyPythonPrograms」と名付ける
1) ??Data
2) ??DataPython
3) ??????
⑧ 日本語化の再インストールは?(Atomについて)→不要
⑨ Atomの実行の仕方
⑩ PythonのGitHubとAtomによる環境構築について
⑪ 整合性が取れているのはどのモジュール同志か?→混在可能
⑫ Welcomeの頁でbin,srcなどのFileをcheckしてみる(32bitか64itか?)
⑬ Control Panelで全関係モジュールを洗い出す(リスト有)
⑭ Atomのタブと空白を混在させないための機能があるか?(atom-beautifyインストール)

Atomの実行
2018/05/09
① 開発環境の開始方法
1) GitHub Desktop Iconをダブルクリック
2) 表示された画面のRepository IconメニューのOpen in Atomをクリックする
3) IDLEは使わない
・実行Windowを中心に持ってくるとエラーが出ない
・IDLEではなしにインタラクティブシェルを使う
・テストの時もAtomを最初から使う
②  Atomの実施
1) .pyモジュールを実行結果のWindowを中心下で行うとエラーが出ない
2) ショートカットキー
・Atomのコードを実行
a) Alt + R ・・・・・・・実行開始
b) Ctrl + Shift + C ・・・実行停止
c) Ctrl + S ・・・・・・上書き保存
・Version名は#(コメント文に)
・Path名も#(コメント文に)
③  TerminalのOperationを覚える
④ Atomのモジュールも適宜インストール

※上記の事柄について当サイトはいかなる責任も持ちません。単なる参考として考えてください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!