Atom-WSL-PyCharm相関図

Atom-WSL-PyCharm相関図を簡単にまとめましたので中間報告的に記述します。(長短含めて)

Atom-WSL-PyCharm相関図

2019/01/06
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyterとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PyCharmをテストで使ってみた

因みに、私の環境ではSQLは使えないが新プロジェクト名に「SQL」と名付けてしまったので悪しからず。

PyCharmをテストで使ってみた

「PyCharm」をテストで使ってみた。
因みに、私の環境ではSQLは使えないが新プロジェクト名に「SQL」と名付けてしまったので悪しからず。
コマンドプロンプト内の「Atom」で展開した「Python」プログラムをCtrl+Cでコピーし「PyCharm」内でCtrl+Vでペーストするとこれができてしまう。
アイキャッチ画像は「test01.py」というファイル名でセーブして「Run」で実行したところです。
ちゃんと実行してくれました。
でも私は「PyCharm」を使うつもりはありません。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

for文をAtom上のHydrogenを使ってみる

Hydrogenを使ってみる。

for文をAtom上のHydrogenを使ってみる

便利な補助関数としてrange, enumerateがある。rangeは0から指定した数までのリスト(正確には違う…),enumerateは要素のインデックスと要素のペアのリストを返してくれる。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。
青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?
「Access」の勉強が進んでない、「手順」だけ述べているだけでそうする理由が書かれていない。
覚えにくいわけだよ!ゆっくりやろうっと!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

pathの問題

最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げてやってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

pathの問題

「Deep Learning」の本がやってきてからその本の例題をやってみた。
GitHubのリポジトリからプログラムのダウンロードしてから例題をやってみた。
「File or Directory not found」が表示された。
WSLを使っているので「../dataset/」のあたりがいけないのかな?と思って、
その辺を重点的に書き換えてみた。
どれもうまくいかなかった。
最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げて
やってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。
これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。
これは今年の5月から出ていた現象だった。追及しても一人ではどうにもならなかった。
それが今回「Qiita」の記事でコマンドプロンプトにHydrogenをインストールする方法を知りPythonのプログラムをデバッグできる状況になった。
これは私にとって大きな福音である。
アイキャッチ画像はPythonのListとTupleを使ったデバッグの様子である。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境でいままでVAIO上でUbuntu(native Linux)を使って行ってきた。しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。しようがないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCで引き続きPythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。

Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境について、いままでVAIO上でUbuntuをインストールし使ってきた。
しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。(外付けHDDは2度クラッシュ)
仕様がないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCにて引き続き
Pythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。
コマンドプロンプトで仮想環境を作り出し数学関連のライブラリをインストール。
そののち(>atom . )でAtomを呼び出しsin curveなどをプロット。
以下にその手順を述べる。

2018/10/05

① コントロールパネルのWindows Subsystem for Linuxに☑を入れる。
② Ubuntuのインストール
③ Ubuntuにユーザーネーム、PWをセットする。
④ sudo apt updateの実施
⑤ sudo apt upgradeの実施(pip,pip3,python3.6.6も同時にインストールされる)
⑥ sudo apt install emacs
⑦ sudo apt install ibus-mozc emacs-mozc
%emacs &
VcXsrvを起動
デスクトップ上のXlaunchをクリック
%xeyes &
⑧ pip,pip3インストール which pip3→/*****/bin/pip3
⑨ jupyterのインストール
⑩ Anaconda3のインストール
C:\Users\*****\Anaconda3
⑪ Atomのインストール1.31.1
⑫ Atomのセットアップ
⑬ Ipykernelのインストール
⑭ AnacondaなしでAtomのHydrogenをいれる(CMDpromptで >atom . )
→@tomp(2018/10/03)記事参照
( https://qiita.com/tomp/items/af89e0c7aa1a3d07e27f )参照
⑮ 環境変数編集
⑯ Ipythonのインストール
⑰ コマンドプロンプトでPython36のインストール
⑱ Matplotlib等のインストール

問題点、注意点など
 HydrogenでShift+Enterでpip -m …のエラー解決(⑭で解決済み)
 Jupyter notebookでファイルが参照できない
 クロームのLinuxの最終行をクリックしyahooの最後のリンクを読む
 VcXsrvを起動デスクトップ上XLaunchをクリック
 初回時ファイアウォールの設定キャンセル
(libxcb.dll libXau.dll libX11.dll zlib1.dll libcrypto-1_1-x64.dllをセットする)
 Windows・Key+R(「shell:startup」入力)

Atom実行場面(projectの指定)

Matplotlibをインストールしたのちsin curveを描画

pandasのインストールしたのち乱数を発生させてplot


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

5ヶ年計画

リンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。

2018-08-17-5ヶ年計画.markdown
上のリンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。
目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。
1.Atomのパッケージのインストールで
・markdown-writer
・markdown-scroll-sync
・tool-bar
・tool-bar-markdown-writer
を入れておく
2.Atomでmarkdownの文書を作る
3.プレビューする
4.プレビュー画面で右クリック
5.HTML文書作成をクリック
6.Wordpressテキスト画面にHTML文書をドラッグ・アンド・ドロップする
7.リンクが貼られます
以上です。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!