EnlighterでPython codeを表示

アイキャッチ画像は北大旧交流プラザ(エルムの森)です。

Plugin Enlighter Sourcecodeを初めて使う!

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo32.py sessin managed & username get
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session
 
app = Flask(__name__)
 
@app.route('/login', methods=['GET', 'POST'])
def login():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo07.html')
 
@app.route('/program', methods=['GET', 'POST'])
def program():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo03.html')
 
@app.route('/program1', methods=['GET', 'POST'])
def program1():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo04.html')
 
@app.route('/program2', methods=['GET', 'POST'])
def program2():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo05.html')
 
@app.route('/param/<parameter>')
def show_user_profile(parameter):
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(parameter))        
        return html
    return 'You are not logged in. from param processing'
 
@app.route('/reset', methods=['GET', 'POST'])
def reset():
    session['username'] = 'monkey'
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/')
def func():
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(session['username']))        
        return html
    return 'You are not logged in'
 
@app.route('/check', methods=['GET', 'POST'])
def check():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('func'))
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/',methods=['POST'])
def index():
 
    if (request.form['attr'] == 'need'):
 
        success = False
        name = request.form["username"]
        passwd = request.form["pass"]
        att1 = request.form['attr']
        my_message = "keyword処理は?"
    else:
        con1 = request.arg.get('_ControlID')
        pg1 = int(request.arg.get('_PageID'))
        act1 = request.arg.get('_ActionID')
        flg1 = request.arg.get('getFlg')
        html = render_template('demo07.html', con = con1, pg = str(pg1), act = act1, flg = flg1)        
        return html
 
    user_data = [{"id":"カリフラワー", "pass":"hanakyabetsu"},{"id":"西行法師", "pass":"masako"},{"id":"monkey", "pass":"kayochan"},{"id":"program1", "pass":"pass1"}]
 
    for i in range(0, 10):
        if user_data[i]["id"] == name:
            if user_data[i]["pass"] == passwd:
                success = True
                session['username'] = name
                return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
            else:
                continue
        else:
            continue
    success = False
    return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
 
@app.route('/logout')
def logout():
    session.pop('username', None)
    return redirect(url_for('func'))
 
app.secret_key = 'B0Qp89i/2xY F~XHH!jnVVLWX/,%QR'
 
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)
  • EnlighterでPython codeを表示
    Code画面の右上
  • 左(+)Open Code in new Window
    新しいWindowが開かれ大きな文字で表示
  • 中(表)Toggle RAW Code
    Line番号の表示/非表示がトグルで
  • 右(E)EnlighterJS Syntax Highlighter
    省略
51行目うす肌色で2行分ハイライトしている
51行目うす肌色で2行分ハイライトしている

51行目うす肌色で2行分ハイライトしている。カーソルをそこへもって行くと、自動的に51行目が2行にわたっている旨ハイライトする。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

固定ページではHighlight表示する

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。GutenbergでもCodeMirror Blocksのバグでもなかった。この間変化したのは、LIQUID BLOCKSをインストールしただけ。固定ページはメニューの「トップページ」のプルダウンメニューの「CodeMirror Blocks実験」をクリックすると見ることができます。

固定ページでSyntaxHighlightしている様子
固定ページでSyntaxHighlightしている様子(ログアウト後・リドロウして後)

「コンピューター」→「ソフトウェア」 → 「言語」 → 「その他の言語」 → 「Python(Object指向)」でメニューをたどるとSyntaxHighlightされているのが分かる。

上のボタンをクリックするとHighlight表示されたページが見られます。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Gutenberg移行前の最後の編集

今までクラシックエディターのみでWordPressの記事をアップしてきた。それが2022年には使えなくなるという情報である。

Gutenberg移行前の最後の編集

今までクラシックエディターのみでWordPressの記事をアップしてきた。
それが2022年には使えなくなるという情報である。
それなら早くからの移行が得策ではないかと考えた。
【Gutenberg疑問事項】

  1. ダッシュボードの機能操作性は変わらないのか?
  2. 編集画面上の:(アイコン)からメニューを開き「オプション」を選択
  3. ・文書パネル
    ・パーマリンク
    ・カテゴリー
    ・タグ
    ・アイキャッチ画像
    ・枠
    ・ディスカッション

  4. すべてにチェックを入れてよいか?
  5. フォーマット(標準・アサイド・画像・・・)の処理は?
  6. カテゴリー→親子関係はあるか?
  7. タグ(操作方法は同じか?)
  8. アイキャッチ画像(どこに、大きさは?)
  9. ブログランキングのバナーの取り付け方法は同じか?
  10. 抜粋は?
  11. 投稿の表示方法(プレヴューか?)
  12. ダッシュボードのメニューのplaceの仕方は同じか?
  13. WP SyntaxHighlightに代わる「CodeMirror Blocks」はどうか?
  14. カスケードメニューがどうなるか?
  15. 月別アーカイブの常時表示はできるか?

疑問点はまだまだある!。見切り発車をすべきか?

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!