Category No 表示頁の追加

サイトマップにそのカテゴリーの一覧表を表示させる方法

Category No 表示のページを「メニュー」構造の「トップページ」→「カテゴリーの表示」の副項目として「Category No 表示」を追加しました。20/05/27以降に追加されたCategoryについての留意事項です。「カテゴリーの表示」の内容に沿って「サイトマップにそのカテゴリーの一覧表を表示させる方法」のxxx用にご利用ください。

メニュー「Category No表示」
メニュー「Category No表示」

以下は「システムジェネレーション」のカテゴリー一覧を表示させた例

カテゴリー「システムジェネレーション」の一覧を表示させた例
カテゴリー「システムジェネレーション」の一覧を表示させた例
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Python Prog.の復習

最初は「N Queens problem」のコードである。

##!/usr/bin/env python3
# Modified this program by S.K on 2020/04/26
"""
N queens problem.

The (well-known) problem is due to Niklaus Wirth.

This solution is inspired by Dijkstra (Structured Programming).  It is
a classic recursive backtracking approach.
"""

N = 8                                   # Default; command line overrides

class Queens:

    def __init__(self, n=N):
        self.n = n
        self.reset()

    def reset(self):
        n = self.n
        self.y = [None] * n             # Where is the queen in column x
        self.row = [0] * n              # Is row[y] safe?
        self.up = [0] * (2*n-1)         # Is upward diagonal[x-y] safe?
        self.down = [0] * (2*n-1)       # Is downward diagonal[x+y] safe?
        self.nfound = 0                 # Instrumentation

    def solve(self, x=0):               # Recursive solver
        for y in range(self.n):
            if self.safe(x, y):
                self.place(x, y)
                if x+1 == self.n:
                    self.display()
                else:
                    self.solve(x+1)
                self.remove(x, y)

    def safe(self, x, y):
        return not self.row[y] and not self.up[x-y] and not self.down[x+y]

    def place(self, x, y):
        self.y[x] = y
        self.row[y] = 1
        self.up[x-y] = 1
        self.down[x+y] = 1

    def remove(self, x, y):
        self.y[x] = None
        self.row[y] = 0
        self.up[x-y] = 0
        self.down[x+y] = 0

    silent = 0                          # If true, count solutions only

    def display(self):
        self.nfound = self.nfound + 1
        if self.silent:
            return
        print('+-' + '--'*self.n + '+')
        for y in range(self.n-1, -1, -1):
            print('|', end=' ')
            for x in range(self.n):
                if self.y[x] == y:
                    print("Q", end=' ')
                else:
                    print(".", end=' ')
            print('|')
        print('+-' + '--'*self.n + '+')

def main():
    import sys
    silent = 0
    n = N
    if sys.argv[1:2] == ['-n']:
        silent = 1
        del sys.argv[1]
    if sys.argv[1:]:
        n = int(sys.argv[1])
    q = Queens(n)
    q.silent = silent
    q.solve()
    print("Found", q.nfound, "solutions.")

if __name__ == "__main__":
    main()


文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

N = 12 の時
N = 12 の時
N = 4 の時
N = 4 の時

だいぶ時間が空いた、もうPythonのプログラミングも忘れてしまった。徐々に思い出していこう。最初は「N Queens problem」のコードである。かの構造化プログラミングで有名なダイクストラの解である。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Enlighter version up

Code画面右上のアイコン「<>」をクリックすると背景の色が変わります。

例えば記事でEnlighterのcodeがあるが黒表示されている。これを今まで通りに明るい表示にするには、右側の上隅のアイコン「<>」をクリックすればよい。

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo32.py session managed &amp; username get
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session
 
app = Flask(__name__)
 
@app.route('/login', methods=['GET', 'POST'])
def login():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo07.html')
 
@app.route('/program', methods=['GET', 'POST'])
def program():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo03.html')
 
@app.route('/program1', methods=['GET', 'POST'])
def program1():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo04.html')
 
@app.route('/program2', methods=['GET', 'POST'])
def program2():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo05.html')
 
@app.route('/param/&lt;parameter>')
def show_user_profile(parameter):
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(parameter))        
        return html
    return 'You are not logged in. from param processing'
 
@app.route('/reset', methods=['GET', 'POST'])
def reset():
    session['username'] = 'monkey'
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/')
def func():
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(session['username']))        
        return html
    return 'You are not logged in'
 
@app.route('/check', methods=['GET', 'POST'])
def check():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('func'))
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/',methods=['POST'])
def index():
 
    if (request.form['attr'] == 'need'):
 
        success = False
        name = request.form["username"]
        passwd = request.form["pass"]
        att1 = request.form['attr']
        my_message = "keyword処理は?"
    else:
        con1 = request.arg.get('_ControlID')
        pg1 = int(request.arg.get('_PageID'))
        act1 = request.arg.get('_ActionID')
        flg1 = request.arg.get('getFlg')
        html = render_template('demo07.html', con = con1, pg = str(pg1), act = act1, flg = flg1)        
        return html
 
    user_data = [{"id":"カリフラワー", "pass":"hanakyabetsu"},{"id":"西行法師", "pass":"masako"},{"id":"monkey", "pass":"kayochan"},{"id":"program1", "pass":"pass1"}]
 
    for i in range(0, 10):
        if user_data[i]["id"] == name:
            if user_data[i]["pass"] == passwd:
                success = True
                session['username'] = name
                return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
            else:
                continue
        else:
            continue
    success = False
    return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
 
@app.route('/logout')
def logout():
    session.pop('username', None)
    return redirect(url_for('func'))
 
app.secret_key = 'B0Qp89i/2xY F~XHH!jnVVLWX/,%QR'
 
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

引用

今日は今までに一度も使ったことがない「引用」を使用してみる!
間違ったらごめんなさい。

3−8.引用

役割 … 引用ブロックを挿入する
タグ … <blockquote>

引用	引用ボックスを挿入する

役割 … 引用ブロックを挿入する

タグ … <blockquote>

https://bazubu.com/how-to-use-gutenberg-36143.html

野性の証明カバー

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

複数のブロックを1つにまとめる?

地崎バラ園のバラ
  • 第1のブロックは画像の中を指定。
  • 第2のブロックはこのブロックで段落を指定。
  • これをテキストの範囲を指定する同じ要領で指定
  • どうなるか?

第1のブロックは画像の中を指定。
第2のブロックはこのブロックで段落を指定。
これをテキストの範囲を指定する同じ要領で指定。
どうなるか?

  • 段落1(段落4はインライン画像です)
  • 段落2
  • 段落3
  • 段落4 インライン画像用
  • 段落5
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

再利用可能・保存と呼び出し

再利用可能なカバー画像と人気ブログ・バナーを登録した。

野性の証明カバー

野性の証明カバー

海鮮丼(かに・いくら)
海鮮丼

上の画像はフルサイズを指定

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

拡大鏡について

拡大鏡について

2019/12/27

すばらしいツールをお伝えします(どの場面でやっても通用します)

①	使うキーはキーボード一番左下のキーから右に3つ目Windowsロゴマークが刻印されている「Windows・キー」、そして「+(;)」キー、と「―」キー、と「Esc」キー

②	終了は「Windows・キー」+「Esc」キー
これで元に戻ります。

③	始まりは「Windows・キー」+「+」キー、これで100%ずつ拡大アップ

④	縮小は「Windows・キー」+「―」キー、これで100%ずつ縮小

⑤	画面での移動はポイント(ドラッグではなしに)で行う(マウスをずらすだけ)

⑥	③(始まり)をやると左上方に「拡大鏡パネル」が表示されます

⑦	パネルの「表示▼」をクリックすると
1)	全画面表示
・画面・上・下・左・右・端に近づくとその方向にスクロールします

2)	レンズ
・10㎝×6cmぐらいの虫眼鏡が現れます。ポイントをずらすと移動します

3)	固定
・画面上端5分の1のところに今カーソルがいる部分の拡大表示がされます
が選べます

⑧	一度やってみるとよいと思います

⑨	残念なことは慣れるまで拡大鏡パネルが非常に邪魔なことです
いちいちパネルのタイトルバーをドラッグで邪魔にならないところに移動させなければならないことです

⑩	時としてスタート画面が表示される時がありますが、慌てずその外側でクリックして閉じてください

⑪	虫眼鏡の下でも通常の操作は変わりません(レンズのとき)

※分からなくなったら「Windows・キー」+「Esc」キーで抜けることです
(パネルのクローズボタンをクリックしても良いです)

※「Windows・キー」+「+」キーで拡大しすぎる場合(例えば400%)は拡大鏡パネルの「―」記号をクリックすることによって縮小してください。
「Windows・キー」はシステムがいろいろな目的で使っているので細心の注意をもって扱ってください。
お勧めは「レンズ」モードでパネルを「×」(閉じる)の左の「―」(タスクバーにしまう)でタスクバーにしまっておくとパネルが煩わしくなくなります。
拡大率やモードの切り替えなどはタスクバーにレンズを移動して行います。

(No Highlighting)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Python-HTML-CSS with Enlighter in Gutenberg

19/11/26に掲載されたプログラム群をGutenbergとEnlighterを使って再掲します。

#!/usr/bin/python3      # app.py python
# -*- coding: utf-8 -*-
# app.py
 
from flask import Flask, redirect ,request,render_template
 
app = Flask(__name__)
 
@app.route("/check")
def check():
    return render_template('check.html')
 
@app.route('/',methods=['POST'])
def index():
    my_age = int(request.form["age"])
    my_name = request.form["name"]
    return render_template('index.html',age=my_age,name=my_name)
 
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

上のコードはPython programです。

&lt;!DOCTYPE html>      &lt;!-- check.html -->
&lt;html lang="ja">
&lt;head>
    &lt;meta charset="UTF-8">
    &lt;title>年齢確認&lt;/title>
&lt;!--    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="{{url_for('static', filename='style.css')}}" />  -->
    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="static/css/style.css" />
&lt;/head>
&lt;body>
 
    &lt;form action="/" method="post">
        &lt;h1>年齢確認&lt;/h1>
        &lt;input type="text" name="name" placeholder="名前" required/>
        &lt;input type="number" name="age" placeholder="年齢" required/>
        &lt;button>年齢確認&lt;/button>
    &lt;/form>
 
&lt;/body>
&lt;/html>

上のプログラムはHTMLです。

&lt;!DOCTYPE html>  &lt;!-- index.html -->
&lt;html lang="ja">
    &lt;head>
        &lt;meta charset="UTF-8">
        &lt;title>18禁のサイト&lt;/title>
&lt;!--        &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />  -->
    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="static/css/style-04.css" />
        &lt;!--[if lt IE 9]>
        &lt;script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js">&lt;/script>
        &lt;![endif]-->
    &lt;/head>
    &lt;body>
    &lt;h1>射幸心を煽りまくるホームページ&lt;/h1>
    {% if age >= 18 %}
    {{name}}さんは18歳以上ですね。
    {% else %}
    {{name}}さんみたいな方はこんなHP見ちゃいけません?
    {% endif %}
 
    &lt;/body>
&lt;/html>

上のプログラムもHTMLです。

@charset 'utf-8';
body     {
    background: sandybrown;
    color: darkgreen;
    margin-left: 2m;
    margin-right: 2m;
}

上のコードはstyle.cssです。

@charset 'utf-8';
body     {
    background: violet;
    color: darkgreen;
    margin-left: 2m;
    margin-right: 2m;
}

上のコードはstyle-04.cssです。

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

固定ページではHighlight表示する

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。GutenbergでもCodeMirror Blocksのバグでもなかった。この間変化したのは、LIQUID BLOCKSをインストールしただけ。固定ページはメニューの「トップページ」のプルダウンメニューの「CodeMirror Blocks実験」をクリックすると見ることができます。

固定ページでSyntaxHighlightしている様子
固定ページでSyntaxHighlightしている様子(ログアウト後・リドロウして後)

「コンピューター」→「ソフトウェア」 → 「言語」 → 「その他の言語」 → 「Python(Object指向)」でメニューをたどるとSyntaxHighlightされているのが分かる。

上のボタンをクリックするとHighlight表示されたページが見られます。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Gutenberg & LIQUID BLOCKS

カバー画像としてミカンの写真を使っています。オーバーレイの色は薄いブルーを使っています。

最近の何枚かの写真を使います。

5枚の写真をギャラリーとして使いました。

長兄からの贈り物

カバー画像としてミカンの写真を使っています。オーバーレイの色は薄いブルーを使っています。

音楽ファイルを挿入しています。ヘレンシャピロの「悲しき片思い」です。

↑当記事の作成に当たっては上のリンクの記事を参照しました。
LIQUID BLOCKSは無料
LIQUID PRESSは有料

函館塩ラーメン五稜郭の塩ラーメンといかめし

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!