Atom-WSL-PyCharm相関図その2

190625

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

2019/06/25
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)
⑩ 「elif」「else」がエラーになるバグがある。
⑪ Pycharmとモジュールの共存できる。

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyter-notebookとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)
⑧ Atom下のモジュールと共存できる。(◎)
⑨ インタラクティブシェルで実行できる。「Python console」(◎)
⑩ Atomより貧弱であるが属性の色表示がされる。
⑪ パッケージの追加が簡単。

1. sinカーブなど: Atom Hydrogen(Shift + Enter)・PyCharm(Run) 可
2. Image: Atom Hydrogen・PyCharm 可
3. turtle: Atom(Alt + R)・PyCharm 可
4. pandas,numpy: Atom Hydrogen 可
5. flask demoxx: WSL(Ubuntu)・PyCharm 可
6. 日本語表示: Atom Hydrogen・PyCharm 可

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!