乱数発生-Ipythonの場合

乱数発生-Ipythonの場合

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。
今回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
1行目には画面の都合で省略してしまったが
「%matplotlib inline」とだけある。それを次回のように自動的に変換している。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

IpythonからPython環境へ

IpythonからPython環境へ

Ipythonの実行は端末から入力するとは前回述べた。
端末から「jupyter notebook」と叩く。
そうするとブラウザーが立ち上がり適当な場所(実行したいまたは保存したいプログラムの入ったフォルダー)をクリックする。
NewfileのときはPython3を選択する。
プログラム名が「Untitle」の場合は「file」メニューの「Rename」を選び、つけたい名前を指定する。(ここではピリオド拡張子は指定しない)

実行する。

「file」メニューの「Download as」を選び、さらにPythonにしたければ「.py」を選ぶ。
そうでなければIpythonの拡張子「.ipynb」を選ぶ。
ダイアログボックスで「保存」にOKする。
そしてログオフする。
端末に戻って「Ctrl + C」で5秒以内に「y」で答えてシャットダウンする。
先程保存したフォルダーに行ってモジュールをコピーする。(ノーチラス)
Atomのリポジトリの適切な場所を開いてペイストする。(ノーチラス)
Atom上でLoadする。
Atom上で「Shift + Enter」でデバッグする。(写真)
Ipythonとpythonで文法が若干違うが同じもの、変換できるものもあるのでお試し得である。

IpythonをPython変換しdebugしているところ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Ipythonインストールについて

Ipythonインストールについて

Ipythonをインストールしてみた、よくできている。
Atomと組み合わせるとその実力がわかる。
そこでSecond Editionがこの1月に出たばかりの原書に当たってみることになった。
数学のグラフがご覧のようにすぐ出てくる。
これはAtomパッケージHydrogenの機能である。
行頭でShift + Enterで実行される。
Notebookと言っていたようだがこのところjupyterというようになった。
実際は端末で’jupyter notebook’と入力し実行する。
これは強力だ。
本が届くのを首を長くして待っている。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!