Chrome上のサンプルプログラムをFlaskフレームワークに囲い込む

Windows上のデータ(例えばブラウザ上のサンプルプログラム等)をWSL上の環境のFlaskフレームワークで動作させたい場合、諸画面の操作で行える。

Chrome上のサンプルプログラムをFlaskフレームワークに囲い込む

Windows上のデータ(例えばブラウザ上のサンプルプログラム等)をWSL上の環境のFlaskフレームワークで動作させたい場合、諸画面の操作で行える。

 

画面は下方にあります。

画面1

TerapadでChrome上のサンプルプログラムをコピペする。

画面2

USBメモリーにコピペする。

画面3

WSL上でUSBをマウントする。

◎:USBをマウントする

①:USBからカレントディレクトリにモジュールをコピーする

②:Shift_JISのファイルをUTF-8に変換する

③:緑のShift_JISファイル

④:白のUTF-8に変換されたファイル

画面4

emacs上で表示した。

画面5(結果が画面上に表示される)

ADRフィールドにhttp://localhost:5000/?who=岡田次郎<Enter>を入力する。

 

画面1

画面2[/caption]
画面3

画面4

画面5

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!