Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)

WSL Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

AI関連開発を再開した。

① Python3.6はコマンドプロンプトのバーチャルエンバイロメントで動いている。
② これは(>atom .)で起動する。
③ 上記はWSLでHydrogenをインストールしてもShift+Enterで動かないため回避策で行った。
④ コマンドプロンプトでは
・>python -m venv hydrovenv
・>hydrovenv\scripts\activate
・>pip freeze
・>atom .
で行う。
こののちAtomのOpen Projectをクリックして求めるPath上のフォルダを指定する。
⑤ これでShift+Enterでmatplotlibなどをインストールしている場合、図形などを描くことができる。
⑥ (hydrovenv)C:\Users\xxxxx>pip install Numpyなどでライブラリに入れるモジュールをインストールする。
⑦ しかしWSLでJupyternotebookを走らせなければならなかった。
⑧ プログラムからNumpy,matplotlib,Scipyなどを呼び出すとモジュール・ノットファウンドになってしまう。
⑨ 最初はWindowsの環境変数の問題だと思った。
⑩ 次に
・>pip list | grep numpy
をやったらnumpy(1.16.3)と表示された。(numpyが入っている証拠)
・>pip show numpyとやってみた。
/home/xxxxx/.local/lib/python2.7/site-packages
と表示された。(python2.7に入っていることを示す証拠)Python3を動かして、
・>>>import sys
・>>>import pprint
・>>>pprint.pprint(sys.path)
をやってみた。
⑪ バージョン2が入っていたので
・$ cp -r python2.7 pythonbu2.7(python2.7を無効化)
・Module not foundの現象は変わらなかった。
⑫ そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)(結局python3の方にはもともとnumpyなどが入っていなかったことになる)
⑬ みごとJupyter-notebookは稼働した。
⑭ No module named errorは解決された。
以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。
これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。
これは今年の5月から出ていた現象だった。追及しても一人ではどうにもならなかった。
それが今回「Qiita」の記事でコマンドプロンプトにHydrogenをインストールする方法を知りPythonのプログラムをデバッグできる状況になった。
これは私にとって大きな福音である。
アイキャッチ画像はPythonのListとTupleを使ったデバッグの様子である。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Accessを使用してみた

昨日関連本が自宅まで届いて今日は3章のクエリまでon machineで学習した。身近な住所録管理に応用してみようと思う。それから将来のSQLの足掛かりにするつもりだ。

Accessをやってみた

中古PCについてきたOffice365の中にあるAccessを使ってみた。
直感的にはまだまだ操作できないが会社時代使っていた、
T/MAKERというデータベースとデータベース以外のスプレッドシート
ワードプロセッサーにもなったソフトウェアと本質的には変わらないので
意外と素直に入れたと思う。
データベースが基本的に持っているテーブルの作成、クエリ、リレーションシップ、レポート、フォームは基本的にはT/MAKERと一緒である。
昨日関連本が自宅まで届いて今日は3章のクエリまでon machineで学習した。
身近な住所録管理に応用してみようと思う。それから将来のSQLの足掛かりにするつもりだ。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!