WP5.3 WP SyntaxHighliter Powershell Classic Editorの組み合わせ

WP5.3 WP SyntaxHighliter Powershell Classic Editorの組み合わせ

#USBログオフ時メッセージプロンプト処理
#メッセージ文
$messagePath="C:\temp\usbmessage.txt"
#ログ出力パス
$usbLOG="C:\temp\test\usblog.txt"
 
#--------------------------------------
#メッセージボックス
#--------------------------------------
function MessageBox([string]$p_value = "")
{
    [Void][Windows.Forms.MessageBox]::Show($p_value,"お知らせ","OK", "Warning")
}
 
 
$crUSB = Get-WmiObject -Class win32_usbhub | ? { $_.name -eq "USB 大容量記憶装置" } | ? { $_.status -eq  "OK" }
 
 
if ($crUSB) {
    write-output "$env:computername,$env:username,$(get-date)" >> $usbLOG
 
    #Windowsフォームのロード
    [Void][Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms");
 
    MessageBox $([String]::Join("`r`n", (Get-Content $messagePath)))
    
}

WP5.3 Gutenberg7.1.0 Enlighter2.12.0の組み合わせ

#USBログオフ時メッセージプロンプト処理
#メッセージ文
$messagePath="C:\temp\usbmessage.txt"
#ログ出力パス
$usbLOG="C:\temp\test\usblog.txt"
  
#--------------------------------------
#メッセージボックス
#--------------------------------------
function MessageBox([string]$p_value = "")
{
    [Void][Windows.Forms.MessageBox]::Show($p_value,"お知らせ","OK", "Warning")
}
  
  
$crUSB = Get-WmiObject -Class win32_usbhub | ? { $_.name -eq "USB 大容量記憶装置" } | ? { $_.status -eq  "OK" }
  
  
if ($crUSB) {
    write-output "$env:computername,$env:username,$(get-date)" >> $usbLOG
  
    #Windowsフォームのロード
    [Void][Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms");
  
    MessageBox $([String]::Join("`r`n", (Get-Content $messagePath)))
     
}

Enlighterで表示

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighter with WP5.3default & Classic Editor

WP SyntaxHighlighter with WP5.3default & Classic Editor

def add_tax(astring):
    items = astring.split()
    price = int(items[1]) * 1.1
    items[1] = str(int(price))
    return " ".join(items)

s = add_tax("Goods 1000 2019/07/03")
print(s)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

def add_tax(astring):
    items = astring.split()
    price = int(items[1]) * 1.1
    items[1] = str(int(price))
    return " ".join(items)

s = add_tax("Goods 1000 2019/07/03")
print(s)

Enlighter使用(in Gutenberg)

元号特定プログラム(Python版)

PowerShell_ISE使って西暦年月日を指定して、その日がどの元号に当たるかを特定するプログラムをPython言語にアレンジしたものである。

元号特定プログラム

前に当ブログで西暦、和暦相互変換のプログラムを載せた。今回はPowerShell_ISE使って西暦年月日を指定して、その日がどの元号に当たるかを特定するプログラムをPython言語にアレンジしたものである。Ad-Conversion 20190502をAd_Conversion(20190502)で関数を呼び出し結果を表示する。
PowerShell_ISEをPython
変数「$・・」を「・・」
「-(ハイフン)」を「_(アンダーバー)」
「Function」を「def」(関数の定義)
「ーlt」を「<」(比較演算子)→全角で代用
「elseif」を「elif」(予約語の相違)
「 + 」を「,」(カンマ)
関数のパラメーター
「数字」を「(数字)」にそれぞれ書き換えの必要がある。

元号特定プログラム

def Ad_Conversion(indate):

    ERA_MEIJI = "明治"
    ERA_TAISHO = "大正"
    ERA_SHOWA = "昭和"
    ERA_HEISEI = "平成"
    ERA_REIWA = "令和"

    DATE_MEIJI = 18680908
    DATE_TAISHO = 19120730
    DATE_SHOWA = 19261225
    DATE_HEISEI = 19890108
    DATE_REIWA = 20190501

    if (indate < DATE_MEIJI):

        print("明治以前の日付には対応していません。")

    elif (indate < DATE_TAISHO):

        print("元号は", ERA_MEIJI, "です。")

    elif (indate < DATE_SHOWA):

        print("元号は", ERA_TAISHO, "です。")

    elif (indate < DATE_HEISEI):

        print("元号は", ERA_SHOWA, "です。")

    elif (indate < DATE_REIWA):

        print("元号は", ERA_HEISEI, "です。")

    else:

        print("元号は", ERA_REIWA, "です。")

Ad_Conversion(19300101)  # ①
Ad_Conversion(18700101)
Ad_Conversion(20190101)
Ad_Conversion(20190502)
Ad_Conversion(20200101)
Ad_Conversion(19510817)

# 下記は同スクリプトを実行した結果です
# 元号は昭和です。 # ①
# 元号は明治です。
# 元号は平成です。
# 元号は令和です。
# 元号は令和です。
# 元号は昭和です。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

PyCharm Version Up(19.2)

PyCharm Version Up(19.2)

PyCharmのバージョンアップを行った。
Ver18.3→Ver19.2である。
WSLで作ったFlaskもAtomで作ったPython Programも皆、PyCharm上で動く。
将来的にはSQLiteも動かす予定だ。

# -*- coding: utf-8 -*-
print("例:明治 42 年")
S = input("和暦:")

syear = 0
print(S.split())
items = S.split()
year = int(items[1])

if items[0] == "明治":
    syear = 1867 + year
elif str(items[0]) == "大正":
    syear = 1911 + year
elif items[0] == "昭和":
    syear = 1925 + year
elif items[0] == "平成":
    syear = 1988 + year
elif items[0] == "令和":
    syear = 2018 + year
else:
    print(items[0],"Error")

print("西暦",str(syear),"年")

これは和暦→西暦変換プログラムである。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighterを使ったPython Programの例

WP SyntaxHighlighterを使ったPython Programの例

WordPressでSyntaxHighlightができるようになった。
Python ProgramのClassの例である。
これでテキストをコピペできるようになったが、その代わりHydrogenの結果などを表現できなくなった。長短相半ばするといったところか。今後は場合によって両者を使い分けることとする。

class Fish:
    def __init__(self, name, build="ほね", eyelids=False):
        self.name = name
        self.build = build
        self.eyelids = eyelids

    def swim(self):
        print("こちらの魚は泳ぎます")

    def swim_back(self):
        print("こちらの魚は後ろ向きにも泳ぎます")

class Medaka(Fish):
    pass

#mach1
mach = 1225
topspeed = 40000
print(topspeed / mach)

no0 = Fish("魚1号(親クラス)")
print(no0.name)
print('骨格:',no0.build)
print('まぶた:',no0.eyelids)
no0.swim()
no0.swim_back()

no1 = Medaka("魚2号(子クラス)")
print(no1.name)
print('骨格:',no1.build)
print('まぶた:',no1.eyelids)
no1.swim()
no1.swim_back()

# below do not execute
class Kingyo(Fish):
    def __init__(self, name, build="ほね", eyelids=False):
        self.name = '金魚ちゃん' + name + 'だよ'
        self.build = build + ' かな'
        self.eyelids = eyelids

以下がこれまでの当ブログでの表現

Python Classの例(Atom)の場合

(写真はY.O.氏から借用)
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighter

今日の前のブログの記事でUPした「WP SyntaxHighlighter」が使えたぞ。
2019年11月15日 @ 20:37にUPした「元号特定プログラム」記事のWP SyntaxHighlighter適用版です。

Function Ad-Conversion($indate){
  
    $ERA_MEIJI = "明治"
    $ERA_TAISHO = "大正"
    $ERA_SHOWA = "昭和"
    $ERA_HEISEI = "平成"
    $ERA_REIWA = "令和"
  
    $DATE_MEIJI = 18680908 
    $DATE_TAISHO = 19120730
    $DATE_SHOWA = 19261225
    $DATE_HEISEI = 19890108
    $DATE_REIWA = 20190501
  
    if($indate -lt $DATE_MEIJI){
  
        Write-Host("明治以前の日付には対応していません。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_TAISHO){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_MEIJI + "です。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_SHOWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_TAISHO + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_HEISEI){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_SHOWA + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_REIWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_HEISEI + "です。")
  
    }else{
         
         Write-Host("元号は" + $ERA_REIWA + "です。")
 
         }
}
  
Ad-Conversion 19300101 # ①
Ad-Conversion 18700101 # ②
Ad-Conversion 20190101 # ③
Ad-Conversion 20190502 # ④
Ad-Conversion 20200101 # ⑤
Ad-Conversion 19510817 # ⑥

# 下記は同スクリプトを実行した結果です
# 元号は昭和です。①
# 元号は明治です。②
# 元号は平成です。③
# 元号は令和です。④
# 元号は令和です。⑤
# 元号は昭和です。⑥

上記は元のプログラムと「SYOU」と「SHO」が違っています。
(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!