メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーションetc.)

メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーション,Atom,Emacs,markdown,Python,Flask)

「野生の証明」のメニューに「Lions」、「展覧会」、「食事」、「NHK超AI入門」、「Linux」、「WSL」(Windows Subsystem for Linux)、「レジストリ」、「システムジェネレーション」、「Atom」、「Emacs」、「markdown」、「Python」を追加した。
アイキャッチ画像は「Linux」、「WSL」のパスを示している。
①「活動」→「趣味」→「lions」
①-1「活動」→「趣味」→「展覧会」
①-2「活動」→「趣味」→「食事」
②「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Deep Learning」→「NHK超AI入門」
③「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Linux」(→「Flask」)
④「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「WSL」
⑤「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「レジストリ」
⑥「コンピューター」→「ソフトウェア」→「システムジェネレーション」
⑦「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Atom」
⑧「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Emacs」
⑨「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「markdown」
⑩「コンピューター」→「ソフトウェア」→「言語」→「その他の言語」→「Python(Object指向)」→「Python」

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)

WSL Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

AI関連開発を再開した。

① Python3.6はコマンドプロンプトのバーチャルエンバイロメントで動いている。
② これは(>atom .)で起動する。
③ 上記はWSLでHydrogenをインストールしてもShift+Enterで動かないため回避策で行った。
④ コマンドプロンプトでは
・>python -m venv hydrovenv
・>hydrovenv\scripts\activate
・>pip freeze
・>atom .
で行う。
こののちAtomのOpen Projectをクリックして求めるPath上のフォルダを指定する。
⑤ これでShift+Enterでmatplotlibなどをインストールしている場合、図形などを描くことができる。
⑥ (hydrovenv)C:\Users\xxxxx>pip install Numpyなどでライブラリに入れるモジュールをインストールする。
⑦ しかしWSLでJupyternotebookを走らせなければならなかった。
⑧ プログラムからNumpy,matplotlib,Scipyなどを呼び出すとモジュール・ノットファウンドになってしまう。
⑨ 最初はWindowsの環境変数の問題だと思った。
⑩ 次に
・>pip list | grep numpy
をやったらnumpy(1.16.3)と表示された。(numpyが入っている証拠)
・>pip show numpyとやってみた。
/home/xxxxx/.local/lib/python2.7/site-packages
と表示された。(python2.7に入っていることを示す証拠)Python3を動かして、
・>>>import sys
・>>>import pprint
・>>>pprint.pprint(sys.path)
をやってみた。
⑪ バージョン2が入っていたので
・$ cp -r python2.7 pythonbu2.7(python2.7を無効化)
・Module not foundの現象は変わらなかった。
⑫ そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)(結局python3の方にはもともとnumpyなどが入っていなかったことになる)
⑬ みごとJupyter-notebookは稼働した。
⑭ No module named errorは解決された。
以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図

Atom-WSL-PyCharm相関図を簡単にまとめましたので中間報告的に記述します。(長短含めて)

Atom-WSL-PyCharm相関図

2019/01/06
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyterとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

loginをFlask下で作ってみた

ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!→解決、後日修正してここに掲載する予定である。2018/12/17完成。

loginをFlask下で作ってみた

loginの完成形が下記のリンク先でupした参照してほしい。
neverjpのぶらり日記

loginをFlask下で作ってみた。Qiitaに載っていた問題を自分なりに作ってみた。
2次元ディクショナリをPythonプログラムの中に作りidとpasswordをADRに入力しid,passwordとも一致したら画面に「success」と表示する。失敗したら「fail」と表示する。
2次元ディクショナリのキーワードの参照の仕方がわからなかったので一度ワークエリアに代入した。
問題は2番目の要素以外に「success」が表示されないで「fail」になってしまうことだ。
ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!後日修正してここに掲載する予定である。
「work_data」の代わりに「user_data[i][“id”]」にしたが結果は同じであった。結果は表示しない。
※ programの初歩的ミスで済みません。完成しました。
過去にも一度画面にCSSの属性が表示されるとそれ以降CSSを変えても元のままになってしまう現象があった。
「http://localhost:5000/login?id=hoge&pass=foo」と入力するわけである。
課題では「url_for」も使ってみよとあったが「demo18.py」にてやってみたがまだうまくいっていない。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

ADRから入力して画面に演算結果を表示する

Pythonのプログラムを作って入力した2つのパラメータの演算結果を画面に表示する。

ADRから入力して画面に演算結果を表示する

Pythonのプログラムを作って入力した2つのパラメータの演算結果を画面に表示する。
Pythonのプログラムの演算子を変えることによって四則演算にも応用できる。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WSLとWin間のコード変換について(コピペ)

2018/12/14下記の記事は間違えでemacs→秀丸エディタではctrl+c(copy)、ctrl+v(paste)が単純にできる。お詫びして訂正いたします。WSL → Win10Proでは(限定的ではあるが)できる。1行の範囲内であれば問題ない。例えばWSL上のエラーメッセージをWin側でググってみるなどといったことは可能。

WSLとWin間のコード変換について(コピペ)

2018/12/11
2018/12/14下記の記事は間違えでemacs→秀丸エディタではctrl+c(copy)、ctrl+v(paste)が単純にできる。お詫びして訂正いたします。

① 2018/12/11現在で以下のことはWindows10Proのカレントバージョンに限定した話である。
② WSL → Win10Proでは(限定的ではあるが)できる。
③ 1行の範囲内であれば問題ない。
④ 例えばWSL上のエラーメッセージをWin側でググってみるなどといったことは可能。
⑤ 画面1はWSLのemacsでコピーしたソースプログラムをWin上で走る「秀丸エディタ」の中にペーストした状態である。なおTerapadではできない。改行コードは80文字のスペースに置き換わる。(調べれば改行の指定などができる可能性もある)
⑥ 画面2はスペースキー80文字をそれぞれ80文字分消去していったものである。
⑦ 画面3はそれを「.py」でセーブしたところである。秀丸エディタにはPythonのモードはないがコメントや「’」で囲われたところなどが色で示される。
⑧ このことからコード量の少ないものには構わないが多くなると実用に耐えない。
⑨ コピーコマンドはCtrl+Shift+C(WSL内で)
⑩ ペーストコマンドはCtrl+Shift+V(Win内で)
⑪ Win10Pro → WSLは基本的にできない。(もっと調べる必要があるが)これをやるには前のほうのブログで示した方法しかないのではないか。(USBメモリ経由で)
⑫ ⑪でペーストしようとすると「F12」を押した状態になる。抜けるにはもう一度「F12」を押す。

以上

画面2

画面3

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

emacsの操作一覧表

カーソルキー、「BackSpace」キー、「DEL」キーが使えるからである。それにほかのソースを多画面で編集できるし、「Search」もできるからである。

emacsの操作一覧表

ここまでPython,HTML,CSS,JSなどの編集には「Vim」を使ってきた。だがモードの切り替えは気を使うしオペミスもあった。そこで「emacs」を今後使うことにした。カーソルキー、「BackSpace」キー、「DEL」キーが使えるからである。それにほかのソースを多画面で編集できるし、「Search」もできるからである。そこで「emacsチュートリアル」からキー操作の部分を抜き出し「コマンド一覧」にしたので参照していただきたい。
2018/12/07
C-<文字>:Ctrlキーを押したまま、<文字>キーを押します
M-<文字>:Altキーを押したまま、<文字>キーを押します
Emacsを終了するにはC-x C-cをタイプします
C-v:次の画面を見る
M-v:前の画面に戻る
C-l:画面を書き直す、カーソルのある行が画面の中央に来る
(p:previous, n:next, f:forward, b:backward)
C-p:前の行へ(↑)
C-n:次の行へ(↓)
C-f:次の文字(→)
C-b:前の文字(←)
“Delback>”:back spaceキー(delete)
C-d:DELキー(delete)
M-f:一単語先へ
M-b:一単語前へ
C-a:行頭へ
C-e:行末へ
M-a:文頭へ
M-e:文末へ
M-<:ファイルの先頭へ M->:ファイルの末尾へ
C-u:数値引数、続いて繰り返し回数、実行したいコマンド
C-g:Emacsを安全に止める
使用不可コマンド:yesの時スペースキー:実行、noの時:nキー
C-x 1:ウィンドウを一つにする
C-u 8 *:********(*を8個入力)
“Del-back>”:カーソル直前の文字を削除(delete)
C-d:カーソルのある文字を削除(delete)
M-“Del-back>”:カーソルの直前の単語を消去(kill)
M-d:カーソルの後ろにある単語を消去(kill)
C-k:カーソル位置から行末まで消去(kill)
M-k:カーソルから文末まで消去(kill)
C-SPCとC-w:最初と最後(直前まで)を指定するとその区間が消去されます(kill)
C-y:消去した文章を復活する操作(yanking)killしたものが再入されます
M-y:さらに前に消去した文章を呼び戻せます
C-x u:取り消し(undo)何度も繰り返せばそのたびに一つ前のコマンドの取り消しです
C-_:C-x uと同じです
C-x C-f:ファイルを開く(find)、続いてファイル名の入力、その途中でC-g(取り消し)
上をタイプすると最下行(ファイル名)をミニバッファと呼びで入力完了
C-x C-f foo→編集後→C-x C-sでセーブ→最後にC-x C-f TUTORIAL.jaでもとに戻る
C-x C-s:ファイルをセーブする
Emacsはファイルの内容をバッファ(buffer)の中に格納する。ファイルを開くと新しいバッファができます。
C-x C-b:バッファのリストを見る
C-x l:バッファのリストを消す
C-x b:バッファを切り替えるためファイル名を入力する
C-x s:いずれかのバッファをセーブする
C-z:一時的にEmacsを抜ける(fgコマンドまたは%emacsでEmacsを再開する)
M-x text-mode:Text modeにする
M-x auto-fill-mode:単語間の分離・禁則処理(トグル)
C-u 80 C-x f:行80文字にする
M-x recover file:yesで自動セーブされたデータの回復
M-x:最下行に”repl s”をタイプで入力
どの文字列をどう置換するか入力のたびにを打つ
C-s:前向き検索(C-r:後ろ向き)、次に検索したい文字列入力―で終了C-g
C-q:フローコントロールを解除する
複数のウィンドウ
C-u 0 C-l:分割する位置にカーソルを移動して(lば小文字のL)
C-x 2:画面を2分割
C-M-v:下のウィンドウをスクロール(MはAltキー)
C-x o:(下のウィンドウにカーソルを移動)o→otherのo(他のウィンドウ)切り替えC-x o
上のウィンドウでC-x lと打って下のウィンドウを消す(自分のいるウィンドウだけにする)
ESC ESC ESC:抜け出しコマンド、ミニバッファからの抜け出しなど

C-h ?:「helpコマンド」、C-gで取り消し

                 以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

pathの問題

最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げてやってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

pathの問題

「Deep Learning」の本がやってきてからその本の例題をやってみた。
GitHubのリポジトリからプログラムのダウンロードしてから例題をやってみた。
「File or Directory not found」が表示された。
WSLを使っているので「../dataset/」のあたりがいけないのかな?と思って、
その辺を重点的に書き換えてみた。
どれもうまくいかなかった。
最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げて
やってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。

Anaconda無しのHydrogen

先日、Anaconda無しのHydrogenを当コマンドプロンプトにインストールした。
これはWSL(Windows Subsystem for Linux)をUbuntu上で実現してPython3を走らせると「No kernel for grammar Python found」になってしまうのを防ぐ手立てになった。
これは今年の5月から出ていた現象だった。追及しても一人ではどうにもならなかった。
それが今回「Qiita」の記事でコマンドプロンプトにHydrogenをインストールする方法を知りPythonのプログラムをデバッグできる状況になった。
これは私にとって大きな福音である。
アイキャッチ画像はPythonのListとTupleを使ったデバッグの様子である。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境でいままでVAIO上でUbuntu(native Linux)を使って行ってきた。しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。しようがないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCで引き続きPythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。

Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境について、いままでVAIO上でUbuntuをインストールし使ってきた。
しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。(外付けHDDは2度クラッシュ)
仕様がないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCにて引き続き
Pythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。
コマンドプロンプトで仮想環境を作り出し数学関連のライブラリをインストール。
そののち(>atom . )でAtomを呼び出しsin curveなどをプロット。
以下にその手順を述べる。

2018/10/05

① コントロールパネルのWindows Subsystem for Linuxに☑を入れる。
② Ubuntuのインストール
③ Ubuntuにユーザーネーム、PWをセットする。
④ sudo apt updateの実施
⑤ sudo apt upgradeの実施(pip,pip3,python3.6.6も同時にインストールされる)
⑥ sudo apt install emacs
⑦ sudo apt install ibus-mozc emacs-mozc
%emacs &
VcXsrvを起動
デスクトップ上のXlaunchをクリック
%xeyes &
⑧ pip,pip3インストール which pip3→/*****/bin/pip3
⑨ jupyterのインストール
⑩ Anaconda3のインストール
C:\Users\*****\Anaconda3
⑪ Atomのインストール1.31.1
⑫ Atomのセットアップ
⑬ Ipykernelのインストール
⑭ AnacondaなしでAtomのHydrogenをいれる(CMDpromptで >atom . )
→@tomp(2018/10/03)記事参照
( https://qiita.com/tomp/items/af89e0c7aa1a3d07e27f )参照
⑮ 環境変数編集
⑯ Ipythonのインストール
⑰ コマンドプロンプトでPython36のインストール
⑱ Matplotlib等のインストール

問題点、注意点など
 HydrogenでShift+Enterでpip -m …のエラー解決(⑭で解決済み)
 Jupyter notebookでファイルが参照できない
 クロームのLinuxの最終行をクリックしyahooの最後のリンクを読む
 VcXsrvを起動デスクトップ上XLaunchをクリック
 初回時ファイアウォールの設定キャンセル
(libxcb.dll libXau.dll libX11.dll zlib1.dll libcrypto-1_1-x64.dllをセットする)
 Windows・Key+R(「shell:startup」入力)

Atom実行場面(projectの指定)

Matplotlibをインストールしたのちsin curveを描画

pandasのインストールしたのち乱数を発生させてplot


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!