WSLでの和暦→西暦プログラムの実行

WSLでの和暦→西暦プログラムの実行

①Library→USBメモリー
②USBメモリ-→WSLのディレクトリに
③S_JIS→UTF-8
④Python3の実行(elif07.py)
⑤元号、数字、年(全角)の入力
⑥デリミターは半角(または全角)
⑦数字も半角(または全角)
アイキャッチ画像を参照ください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

190625

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

2019/06/25
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)
⑩ 「elif」「else」がエラーになるバグがある。
⑪ Pycharmとモジュールの共存できる。

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyter-notebookとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)
⑧ Atom下のモジュールと共存できる。(◎)
⑨ インタラクティブシェルで実行できる。「Python console」(◎)
⑩ Atomより貧弱であるが属性の色表示がされる。
⑪ パッケージの追加が簡単。

1. sinカーブなど: Atom Hydrogen(Shift + Enter)・PyCharm(Run) 可
2. Image: Atom Hydrogen・PyCharm 可
3. turtle: Atom(Alt + R)・PyCharm 可
4. pandas,numpy: Atom Hydrogen 可
5. flask demoxx: WSL(Ubuntu)・PyCharm 可
6. 日本語表示: Atom Hydrogen・PyCharm 可
7.debugging機能:PyCharm容易・Atom Hydrogen 可

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーションetc.)

メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーション,Atom,Emacs,markdown,Python,Flask)

「野生の証明」のメニューに「Lions」、「展覧会」、「食事」、「NHK超AI入門」、「Linux」、「WSL」(Windows Subsystem for Linux)、「レジストリ」、「システムジェネレーション」、「Atom」、「Emacs」、「markdown」、「Python」を追加した。
アイキャッチ画像は「Linux」、「WSL」のパスを示している。
①「活動」→「趣味」→「lions」
①-1「活動」→「趣味」→「展覧会」
①-2「活動」→「趣味」→「食事」
②「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Deep Learning」→「NHK超AI入門」
③「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Linux」(→「Flask」)
④「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「WSL」
⑤「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「レジストリ」
⑥「コンピューター」→「ソフトウェア」→「システムジェネレーション」
⑦「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Atom」
⑧「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Emacs」
⑨「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「markdown」
⑩「コンピューター」→「ソフトウェア」→「言語」→「その他の言語」→「Python(Object指向)」→「Python」

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

外付けHDDにUbuntu(Linux)をインストールする(まとめ・結論)

最近当ブログに外付けハードディスクを使ってUbuntu(Linux)をしたいがどうだろうという目的で訪れるユーザーが増えている。結論から言うと否である。Native Linux用Applicationを使用したい場合などの特別な理由がない限りWSLの使用をお勧めする。

190523

外付けHDDにUbuntu(Linux)をインストールする(まとめ・結論)

最近当ブログに外付けハードディスクを使ってUbuntu(Linux)をしたいがどうだろうという目的で訪れるユーザーが増えている。結論から言うと否である。

① 外付けハードディスクにUbuntuを合計2回インストールした。
② また古いWindows M/CにLinuxを1回インストールした。
③ 現在はBusiness用PCにWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールして使っている。
④ 外付けハードディスクは外国製と国内製の映像録画用HDDで使用した。
⑤ ④はいずれも2~3週間でBoot Errorになった。
⑥ これにより映像用外付けハードディスクはLinuxM/Cとしては不適であるとの結論である。
⑦ ②は1ヶ月半ほど稼働したがそののちBoot Errorを起こした。
⑧ ⑥⑦よりLinuxをインストールすると同じ個所を参照しトラブルを起こしやすい。
⑨ WSLを使ってLinuxを経験したいのなら中古PCで十分との結論に達した。去年(平成30年)の10月インストールして以来現在(令和元年11月3日)まで順調に稼働している。
⑩ Native Linux用Applicationを使用したい場合などの特別な理由がない限りWSLの使用をお勧めする。

linuxConsole

(写真はネットより借用)
以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)

WSL Jupyternotebook-ModuleNotFoundについて

AI関連開発を再開した。

① Python3.6はコマンドプロンプトのバーチャルエンバイロメントで動いている。
② これは(>atom .)で起動する。
③ 上記はWSLでHydrogenをインストールしてもShift+Enterで動かないため回避策で行った。
④ コマンドプロンプトでは
・>python -m venv hydrovenv
・>hydrovenv\scripts\activate
・>pip freeze
・>atom .
で行う。
こののちAtomのOpen Projectをクリックして求めるPath上のフォルダを指定する。
⑤ これでShift+Enterでmatplotlibなどをインストールしている場合、図形などを描くことができる。
⑥ (hydrovenv)C:\Users\xxxxx>pip install Numpyなどでライブラリに入れるモジュールをインストールする。
⑦ しかしWSLでJupyternotebookを走らせなければならなかった。
⑧ プログラムからNumpy,matplotlib,Scipyなどを呼び出すとモジュール・ノットファウンドになってしまう。
⑨ 最初はWindowsの環境変数の問題だと思った。
⑩ 次に
・>pip list | grep numpy
をやったらnumpy(1.16.3)と表示された。(numpyが入っている証拠)
・>pip show numpyとやってみた。
/home/xxxxx/.local/lib/python2.7/site-packages
と表示された。(python2.7に入っていることを示す証拠)Python3を動かして、
・>>>import sys
・>>>import pprint
・>>>pprint.pprint(sys.path)
をやってみた。
⑪ バージョン2が入っていたので
・$ cp -r python2.7 pythonbu2.7(python2.7を無効化)
・Module not foundの現象は変わらなかった。
⑫ そこでググってみたらバージョン2と3を両方入れている場合はバージョン3のほうはpip3を使うと示していたのでpip3でnumpy,matplotlib etcをインストールしてみた。(Anaconda3でインストールしていると両方入ってしまう)(結局python3の方にはもともとnumpyなどが入っていなかったことになる)
⑬ みごとJupyter-notebookは稼働した。
⑭ No module named errorは解決された。
以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図

Atom-WSL-PyCharm相関図を簡単にまとめましたので中間報告的に記述します。(長短含めて)

Atom-WSL-PyCharm相関図

2019/01/06
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyterとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

loginをFlask下で作ってみた

ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!→解決、後日修正してここに掲載する予定である。2018/12/17完成。

loginをFlask下で作ってみた

loginの完成形が下記のリンク先でupした参照してほしい。
neverjpのぶらり日記

loginをFlask下で作ってみた。Qiitaに載っていた問題を自分なりに作ってみた。
2次元ディクショナリをPythonプログラムの中に作りidとpasswordをADRに入力しid,passwordとも一致したら画面に「success」と表示する。失敗したら「fail」と表示する。
2次元ディクショナリのキーワードの参照の仕方がわからなかったので一度ワークエリアに代入した。
問題は2番目の要素以外に「success」が表示されないで「fail」になってしまうことだ。
ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!後日修正してここに掲載する予定である。
「work_data」の代わりに「user_data[i][“id”]」にしたが結果は同じであった。結果は表示しない。
※ programの初歩的ミスで済みません。完成しました。
過去にも一度画面にCSSの属性が表示されるとそれ以降CSSを変えても元のままになってしまう現象があった。
「http://localhost:5000/login?id=hoge&pass=foo」と入力するわけである。
課題では「url_for」も使ってみよとあったが「demo18.py」にてやってみたがまだうまくいっていない。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

ADRから入力して画面に演算結果を表示する

Pythonのプログラムを作って入力した2つのパラメータの演算結果を画面に表示する。

ADRから入力して画面に演算結果を表示する

Pythonのプログラムを作って入力した2つのパラメータの演算結果を画面に表示する。
Pythonのプログラムの演算子を変えることによって四則演算にも応用できる。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WSLとWin間のコード変換について(コピペ)

2018/12/14下記の記事は間違えでemacs→秀丸エディタではctrl+c(copy)、ctrl+v(paste)が単純にできる。お詫びして訂正いたします。WSL → Win10Proでは(限定的ではあるが)できる。1行の範囲内であれば問題ない。例えばWSL上のエラーメッセージをWin側でググってみるなどといったことは可能。

WSLとWin間のコード変換について(コピペ)

2018/12/11
2018/12/14下記の記事は間違えでemacs→秀丸エディタではctrl+c(copy)、ctrl+v(paste)が単純にできる。お詫びして訂正いたします。

① 2018/12/11現在で以下のことはWindows10Proのカレントバージョンに限定した話である。
② WSL → Win10Proでは(限定的ではあるが)できる。
③ 1行の範囲内であれば問題ない。
④ 例えばWSL上のエラーメッセージをWin側でググってみるなどといったことは可能。
⑤ 画面1はWSLのemacsでコピーしたソースプログラムをWin上で走る「秀丸エディタ」の中にペーストした状態である。なおTerapadではできない。改行コードは80文字のスペースに置き換わる。(調べれば改行の指定などができる可能性もある)
⑥ 画面2はスペースキー80文字をそれぞれ80文字分消去していったものである。
⑦ 画面3はそれを「.py」でセーブしたところである。秀丸エディタにはPythonのモードはないがコメントや「’」で囲われたところなどが色で示される。
⑧ このことからコード量の少ないものには構わないが多くなると実用に耐えない。
⑨ コピーコマンドはCtrl+Shift+C(WSL内で)
⑩ ペーストコマンドはCtrl+Shift+V(Win内で)
⑪ Win10Pro → WSLは基本的にできない。(もっと調べる必要があるが)これをやるには前のほうのブログで示した方法しかないのではないか。(USBメモリ経由で)
⑫ ⑪でペーストしようとすると「F12」を押した状態になる。抜けるにはもう一度「F12」を押す。

以上

画面2

画面3

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!